谷風(読み)コクフウ

デジタル大辞泉の解説

こく‐ふう【谷風】

春先、東方から吹いて万物を生長させるという風。東風。穀風。
谷を吹く風。また、谷底から吹き上げる風。たにかぜ。

たに‐かぜ【谷風】

日中、谷底から山頂に向かって斜面を吹きのぼる風。山の斜面は谷底よりも早く暖められるために吹く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

谷風【たにかぜ】

日中,谷の奥に向かって吹きこんでいく風。山の斜面にはさまれた谷の部分の大気が,開けた平野部の大気よりも早く加熱されるために起こる。→山谷風

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

たにかぜ【谷風】

昼、山腹の空気が熱せられ、谷底から山腹を吹き上がる風。上昇気流の一種。 ⇔ 山風

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こく‐ふう【谷風】

〘名〙
① 東風の異称。〔延宝八年合類節用集(1680)〕〔詩経‐邶風・谷風〕
② 谷をわたる風。谷から吹きあげる風。たにかぜ。
※大観本謡曲・氷室(1532頃)「深谷もさえけく、谷風寒風も便りありとて」

たに‐かぜ【谷風】

〘名〙 日中、谷底から山頂に向かって斜面を吹きのぼる風。山の斜面は谷底よりも早く暖められるために吹く。
※古今(905‐914)春上・一二「谷風にとくる氷のひまごとに打ち出づるなみやはるのはつ花〈源当純〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の谷風の言及

【風】より

…また大きな湖においても同じような現象が起こり,これを湖陸風と呼んでいる。(2)山谷風 海陸風が発達するのと同じような気象条件のとき,昼間は麓から吹き上がり,夜間は山頂から吹き降りる風がある。前者を谷風,後者を山風といい,両者を合わせて山谷風と呼んでいる。…

【山谷風】より

…山岳地帯に現れる局地風系の一種。昼間,平野部から谷に,さらに谷から尾根に向かう風(谷風)が吹き,夜間,尾根から谷へ,谷から平野部に向かう風(山風)が吹く。このように日変化する風系を山谷風という。…

※「谷風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

谷風の関連情報