帰省(読み)キセイ

デジタル大辞泉の解説

き‐せい【帰省】

[名](スル)郷里に帰ること。また、郷里に帰って父母を見舞うこと。帰郷。「墓参りに帰省する」「帰省客」 夏》「なつかしや―の馬車に山の蝶/秋桜子
[補説]書名別項。→帰省

きせい【帰省】[書名]

宮崎湖処子中編小説。明治23年(1890)刊行。自身の故郷、三奈木村への思慕を、新体詩を交えた独特の美文で表現した出世作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きせい【帰省】

元来の意味は,〈故郷に帰って親の安否を気遣う〉という唐の詩人朱慶余の漢詩に出典がもとめられる。しかしその意味は時代の推移につれて変化している。近代以降,身分制の崩壊と学校制度の整備にともない,立身出世主義が急速に広がるなかで,〈功成り名を遂げて,故郷に錦を飾る〉ことが,成功者理想像として一層強くなった。こういう形で帰省することは,幼時から受けた親の恩に報い,孝養を尽くすことであったと同時に,故郷への晴れがましい成功の顕示でもあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きせい【帰省】

( 名 ) スル
夏期休暇などに、故郷に帰ること。故郷に帰り父母の安否を問うこと。帰郷。 [季] 夏。 「 -バス」 「親を-する/ヰタ・セクスアリス 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐せい【帰省】

[1] 〘名〙 郷里に帰って、父母の安否をうかがうこと。また、師のもとにおもむくこと。転じて、休暇の時などに短期間郷里に帰ること。《季・夏》
※空華日用工夫略集‐永徳二年(1382)正月六日「恵詳暫仮、帰省法華元章師
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「昨年の暑中には久々にて帰省するなど」
[2] 小説。宮崎湖処子作。明治二三年(一八九〇)民友社刊。亡父の一周忌に故郷に帰省したことが、紀行文、随筆、散文詩などの要素を含みながら語られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の帰省の言及

【挨拶】より

…そこには,親子間のこととして,〈昏(ゆうべ)に定め晨(あした)に省(かえり)みる〉,子は夕べには父母の寝床を整え,朝には必ず父母のごきげんをうかがうとあり,師弟間のこととして,〈先生に道に遭えば,趨(はし)りて進み,正立して手を拱(こまぬ)く〉,道で先生に出会ったときには先生のもとへ走り寄り,起立して両手を前に重ねて挨拶する(これは〈拱手(きようしゆ)〉という中国独特の挨拶の所作)とある。また,〈帰省〉という言葉も,もとは故郷を離れて身を立てている子が,両親の安否をきづかって帰るという挨拶をいった。これらは父母や先生に対する親愛・敬意を表そうとするものであり,きわめて厳格に行われた。…

※「帰省」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰省の関連情報