コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰省 キセイ

デジタル大辞泉の解説

き‐せい【帰省】

[名](スル)郷里に帰ること。また、郷里に帰って父母を見舞うこと。帰郷。「墓参りに帰省する」「帰省客」 夏》「なつかしや―の馬車に山の蝶/秋桜子
[補説]書名別項。→帰省

きせい【帰省】[書名]

宮崎湖処子中編小説。明治23年(1890)刊行。自身の故郷、三奈木村への思慕を、新体詩を交えた独特の美文で表現した出世作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きせい【帰省】

元来の意味は,〈故郷に帰って親の安否を気遣う〉という唐の詩人朱慶余の漢詩に出典がもとめられる。しかしその意味は時代の推移につれて変化している。近代以降,身分制の崩壊と学校制度の整備にともない,立身出世主義が急速に広がるなかで,〈功成り名を遂げて,故郷に錦を飾る〉ことが,成功者の理想像として一層強くなった。こういう形で帰することは,幼時から受けた親の恩に報い,孝養を尽くすことであったと同時に,故郷への晴れがましい成功の顕示でもあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きせい【帰省】

( 名 ) スル
夏期休暇などに、故郷に帰ること。故郷に帰り父母の安否を問うこと。帰郷。 [季] 夏。 「 -バス」 「親を-する/ヰタ・セクスアリス 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の帰省の言及

【挨拶】より

…そこには,親子間のこととして,〈昏(ゆうべ)に定め晨(あした)に省(かえり)みる〉,子は夕べには父母の寝床を整え,朝には必ず父母のごきげんをうかがうとあり,師弟間のこととして,〈先生に道に遭えば,趨(はし)りて進み,正立して手を拱(こまぬ)く〉,道で先生に出会ったときには先生のもとへ走り寄り,起立して両手を前に重ねて挨拶する(これは〈拱手(きようしゆ)〉という中国独特の挨拶の所作)とある。また,〈帰省〉という言葉も,もとは故郷を離れて身を立てている子が,両親の安否をきづかって帰るという挨拶をいった。これらは父母や先生に対する親愛・敬意を表そうとするものであり,きわめて厳格に行われた。…

※「帰省」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帰省の関連キーワード兵庫県明石市の人工砂浜陥没事故グエン・ディン・ティエウ明石人工砂浜陥没事故山口さんちのツトム君やぶ入り(藪入り)ヰタセクスアリスUターンラッシュ孟母断機の教えネバーランド宿泊旅行調査柴田 啓蔵兄媛(1)ごった返す中野 鈴子兵士の物語三木 天遊待焦がれるダサイン46協定山県周南

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰省の関連情報