(読み)とら

精選版 日本国語大辞典「虎」の解説

とら【虎】

[1] 〘名〙
① ネコ科の哺乳類。体長約二メートルから大きなもので三メートル以上に達する。体の上面および側面は黄褐色で黒い横縞があり、下面は白い。尾は長く、黒い縞が並ぶ。雄にはよくほおひげが発達。森林や竹やぶに単独ですみ、水にもよくはいる。鋭い牙と頑健な釣状の爪を持ち、主に夜活動しシカやイノシシを捕食。地域によって大きさや体毛にやや変化があり、チョウセントラ、インド産のベンガルトラなど八亜種に分けられる。一般に北方産の方が大きい。アジアの特産種で、シベリア南部からインド、ジャワにかけて分布するが、どの地域でも生息数が激減し絶滅が危惧されている。
※書紀(720)天武朱鳥元年四月(北野本)「新羅の進る調、筑紫より貢上(たてまつ)る。〈略〉綾羅(うすはた)・虎(トラ)豹皮(おかつかみのかは)及び薬物の類」
② 「からねこ(唐猫)」の異称。
※浄瑠璃・頼朝三嶋詣(1678)三「御ひざうの手がひのとらをめしよせ〈略〉しばしたはふれたまひける」
③ 比喩的に、勇猛果敢な人。また恐れ重んじられる人。
※愚管抄(1220)七「もちゐる時はとらとなるべき人はさすが候(さぶらふ)らんものを」
④ 酔っぱらい。泥酔者。
※雑俳・化粧紙(1826)「とんとんと・虎の鼾をきく女房」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「虎」の解説

とら【虎】

ネコ科の哺乳類。ライオンと並ぶ大形の猛獣。体長約2メートル。全身黄褐色で黒い横縞がある。シカ・イノシシなどを捕食。沿海州から朝鮮半島・中国を経てインド・ジャワバリ島まで広くアジアに分布し、主に密林に単独またはつがいで暮らす。シベリアトラベンガルトラなどの亜種に分けられる。乱獲により数が激減。
酒に酔って言動が荒くなった人。酔っぱらい。「箱」
阪神タイガース」のこと。「連敗脱出」
[類語](1獅子ライオン猛虎ジャガーピューマチーター/(2酔っぱらい酔客酔漢酔いどれ

こ【虎】[漢字項目]

常用漢字] [音](漢) [訓]とら
〈コ〉トラ。「虎穴虎口騎虎白虎びゃっこ猛虎竜虎
〈とら〉「虎斑とらふ
[名のり]たけ
[難読]虎杖いたどり御虎子おまる虎列剌コレラ虎落もがり猟虎らっこ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「虎」の解説

とら

曾我物語」の登場人物。
相模(さがみ)(神奈川県)大磯遊女虎御前ともよばれる。曾我祐成(すけなり)の愛人。祐成が父の(あだ)討ち後に殺されるととなり,曾我兄弟の母をたずね,兄弟の供養(くよう)をする。信濃(しなの)善光寺,紀伊(きい)熊野など全国各地にその伝承がのこる。「吾妻鏡」にも名がみえ,実在の人物との説もある。一説に寛元3年(1245)71歳で死去とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「虎」の解説

野火晃による児童文学作品。1977年、講談社児童文学新人賞受賞。1980年刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android