コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

こ【虎】[漢字項目]

常用漢字] [音](漢) [訓]とら
〈コ〉トラ。「虎穴虎口騎虎白虎(びゃっこ)猛虎竜虎
〈とら〉「虎斑(とらふ)
[名のり]たけ
[難読]虎杖(いたどり)御虎子(おまる)虎列剌(コレラ)虎落(もがり)猟虎(らっこ)

とら【虎】

ネコ科の哺乳類。ライオンと並ぶ大形の猛獣。体長約2メートル。全身黄褐色で黒い横縞がある。シカ・イノシシなどを捕食。沿海州から朝鮮半島・中国を経てインド・ジャワバリ島まで広くアジアに分布し、主に密林に単独またはつがいで暮らす。シベリアトラベンガルトラなどの亜種に分けられる。乱獲により数が激減。
酒に酔って言動が荒くなった人。酔っぱらい。「箱」
阪神タイガース」のこと。「連敗脱出」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

とら

「曾我物語」の登場人物。
相模(さがみ)(神奈川県)大磯の遊女で虎御前ともよばれる。曾我祐成(すけなり)の愛人。祐成が父の仇(あだ)討ち後に殺されると尼となり,曾我兄弟の母をたずね,兄弟の供養(くよう)をする。信濃(しなの)善光寺,紀伊(きい)熊野など全国各地にその伝承がのこる。「吾妻鏡」にも名がみえ,実在の人物との説もある。一説に寛元3年(1245)71歳で死去とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

野火晃による児童文学作品。1977年、講談社児童文学新人賞受賞。1980年刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

とら【虎】

ネコ科の哺乳類。北方に産するものは大きく、体長2.8メートルに達するものがある。胴が長く足が短い。体は赤茶ないし黄褐色で、胴には黒色の横縞よこじまがある。森林や深い茂みに単独ですみ、主に夜活動して鳥獣を捕食する。インド・東南アジアから朝鮮・シベリアまで分布。
俗に、酔っ払いのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

虎 (トラ)

学名:Panthera tigris
動物。ネコ科の哺乳動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

虎の関連キーワード虎は千里往って千里還る曽我の雨・曾我の雨苛政は虎よりも猛しわが赴くは星の群ヤンフーチョン虎屋小源太夫樋口信四郎シベリア虎長曽禰虎徹張り子の虎大蔵弥太郎スミロドン足利永隆波多嵩山立花宗茂竜蟠虎踞諸角昌清黒岩越前大磯の虎海蔵和尚

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

虎の関連情報