硬派(読み)コウハ

デジタル大辞泉の解説

こう‐は〔カウ‐〕【硬派】

自分たちの意見や主義を強く主張し押し通そうとする一派。強硬派。「硬派の意見に押される」⇔軟派
女性と交際したり服装に気をつかったりすることを軟弱とみなして反発し、ことさらに腕力や男らしさを強調する態度。また、そのような青年や、一派。「硬派で鳴らす」⇔軟派
新聞・雑誌などで、文芸や芸能関係の記事に対して、政治・経済関係の記事。また、その記者。さらに、広く放送・出版などで、かたくまじめな内容や姿勢にいう。「硬派の雑誌」「硬派の出版社」⇔軟派

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐は カウ‥【硬派】

〘名〙
① 自分の意見や主義、信念を強く主張し、貫こうとする傾向の人々。強硬派。
※東京日日新聞‐明治二四年(1891)三月一四日「彼の予算問題に硬派が陸海軍省所管の経費査定案を半日に決議し去り」
② 女性との交遊、華美な服装などを柔弱であるとして反発し、理想や主義主張、男らしさに価値を置く人々。特に、とかく腕力に訴えたがる青少年の一派。⇔軟派
※ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉「その頃の生徒仲間には軟派と硬派とがあった」
③ 広告業界で、鉄、セメント、石油、電気、重工業などをいう。
④ 取引市場で、相場がもっと上がると予想し、買い手に回る人々。強気筋。⇔軟派
※国民新聞‐明治三〇年(1897)一月六日「昨今の株式が斯く低落を来すは、硬派が投出せるに因ると雖も」
⑤ 新聞記者仲間で、政治、経済などの記事を扱う者。⇔軟派
※風俗画報‐二二八号(1901)日出新聞社「本社の職員は社長の外編輯員四十名にして、内硬派を十七名とし軟派を十六名とす」
[語誌]→「軟派(なんぱ)」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の硬派の言及

【軟派】より

…一般には〈強硬な意見を主張する硬派〉の対立概念として,意見や主張が軟弱な集団または個人,あるいはその属性を意味するが,個々の局面では,さまざまに対立する属性を〈硬と軟〉にわけて,隠喩的に表現するために用いられることが多い。例えば,いつの時代にも,一般市民の良識の世界からはみ出して,その顰蹙(ひんしゆく)を買うみずからの品行の悪さを誇ることにより,自己の存在証明を確かめようとするいわゆる“不良少年少女”が存在するが,彼らのライフスタイルを類型化する際に,主として〈腕力をふるい暴力行為に傾斜するもの〉を硬派と呼ぶのに対して,〈異性との交遊や華美な服装に流れるもの〉を軟派と呼び,現在では異性との交遊を求める行為を〈ナンパする〉などといい,動詞的にも用いられる。…

※「硬派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報