コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎渓永義 こけい えいぎ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虎渓永義 こけい-えいぎ

1644-1723 江戸時代前期-中期の僧。
正保(しょうほ)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。長門(ながと)(山口県)の人。如林士賢の法をつぐ。寛文のころ陸奥(むつ)仙台藩主伊達綱村にまねかれ,仙台の東昌寺にはいる。のち京都の東福寺,南禅寺住持をつとめた。享保(きょうほう)8年9月18日死去。80歳。俗姓は毛利。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

虎渓永義の関連キーワード井上可安内藤希顔正保

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android