虫生菌類(読み)ちゅうせいきんるい(英語表記)entomogenous fungi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

虫生菌類
ちゅうせいきんるい
entomogenous fungi

昆虫類,クモ類,甲殻類多足類の幼生 (幼虫) または成体 (成虫) に寄生する菌類の総称。冬虫夏草と称するものなどは子嚢菌類に属し,1種のキノコというべき子実体をつくるが,ハエなどに寄生するハエカビの類は藻菌類に属するカビである。またラブールベニア類と称する一群は子嚢菌類とされているが,主として甲虫類の体表に着生し,生態,形態ともにかなり特異なものである。このほかトリコミケス類は主として昆虫のハエ類 (双翅類) の幼虫,甲殻類 (カニ,ヤドカリ,アナジャコワラジムシ,ダンゴムシ) ,多足類 (ヤスデ) の腸管内に寄生し,生殖法なども特異なものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android