蛍光板(読み)ケイコウバン

百科事典マイペディアの解説

蛍光板【けいこうばん】

蛍光スクリーンとも。紫外線X線や,電子線α線等の放射線が当たると可視蛍光を放つ板。用途により種々の蛍光体を用いる。X線透視用には銀で付活した硫化亜鉛,撮影用にはタングステン酸カルシウムを用いる。テレビジョン用には硫化物系結晶蛍光体,レーダー用には下層は銅,上層は銀で付活した硫化亜鉛が使われる。
→関連項目ルミネセンス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

けいこうばん【蛍光板】

蛍光物質を塗布した板。 X 線・紫外線・電子線・ α 線などがあたると、可視光線を発する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android