コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛍狩(り) ホタルガリ

デジタル大辞泉の解説

ほたる‐がり【蛍狩(り)】

夏の夕べ、水辺などでを追って捕らえる遊び。 夏》「提灯を借りて帰りぬ―/虚子

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蛍狩
ほたるがり

夏の夜の涼みがてらに、ホタルをとらえる遊び。いつごろからこの名称がつけられたかは明らかでない。ホタルの名所としては古来滋賀県石山寺が有名で、宇治川のホタルと並び称せられ、関東では埼玉県の大宮公園が知られていた。童唄(わらべうた)に、「ほー ほー 蛍来い あっちの水は苦いぞ こっちの水は甘いぞ」というのがあるが、これは全国各地に少しずつ異なった形で伝承されており、いずれもホタルに「来い」と呼びかける蛍狩の歌である。この歌の伝承の分布の広いことによっても、全国的にホタルが生息し、蛍狩が夏の夜の風物詩であったことが知られる。[高野 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

蛍狩(り)の関連キーワード東海道四谷怪談生写朝顔話湯の鶴温泉歌川国貞月岡雪鼎高野細雪蛍船