コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜂谷道彦 はちや みちひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蜂谷道彦 はちや-みちひこ

1903-1980 昭和時代の医師。
明治36年8月9日生まれ。昭和17年広島逓信病院長となり,20年病院の近くで被爆。被爆者の治療にあたったその時の体験を「ヒロシマ日記」として出版,英訳されて海外でも反響をよんだ。昭和55年4月13日死去。76歳。岡山県出身。岡山医大(現岡山大)卒。著作に「卒中物語」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

蜂谷道彦の関連キーワード黒人問題印僑醸造業日露戦争史(年表)RCA情報化社会平山郁夫[各個指定]芸能部門ドビュッシーウェンツェル