コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜂須賀宗鎮 はちすか むねしげ

1件 の用語解説(蜂須賀宗鎮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蜂須賀宗鎮 はちすか-むねしげ

1721-1780 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)6年8月8日生まれ。讃岐(さぬき)高松藩主松平頼桓(よりたけ)の弟。蜂須賀宗英(むねてる)の養子となり,元文4年(1739)阿波(あわ)徳島藩主蜂須賀家8代。寛延3年幕府から日光東照宮修造の普請役を命じられ,藩財政を悪化させた。安永9年8月27日死去。60歳。幼名は松之助。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

蜂須賀宗鎮の関連キーワード享保の改革後藤芝山ティチング前古典派音楽有期労働者小石川植物園エストニア市房山加藤美樹後藤芝山

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone