蜂須賀宗鎮(読み)はちすか むねしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蜂須賀宗鎮 はちすか-むねしげ

1721-1780 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)6年8月8日生まれ。讃岐(さぬき)高松藩主松平頼桓(よりたけ)の弟。蜂須賀宗英(むねてる)の養子となり,元文4年(1739)阿波(あわ)徳島藩主蜂須賀家8代。寛延3年幕府から日光東照宮修造の普請役を命じられ,藩財政を悪化させた。安永9年8月27日死去。60歳。幼名は松之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android