蜂須賀正韶(読み)はちすか まさあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蜂須賀正韶 はちすか-まさあき

1871-1932 明治-昭和時代前期の華族。
明治4年3月8日生まれ。蜂須賀茂韶(もちあき)の長男。明治19年渡英しケンブリッジ大でまなぶ。26年帰国。宮内省にはいり,式部官兼主猟官,皇后宮主事などをつとめる。大正7年貴族院議員。13年から昭和5年まで貴族院副議長。侯爵。昭和7年12月31日死去。62歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android