蝦夷雷鳥(読み)エゾライチョウ

デジタル大辞泉の解説

えぞ‐らいちょう〔‐ライテウ〕【蝦夷雷鳥】

キジ科エゾライチョウ属の鳥。全長36センチくらい。全体に灰褐色で、冬季に白変しない。ユーラシア北部に広く分布。日本では北海道の針葉樹林にすむ。えぞやまどり。→ライチョウ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えぞらいちょう【蝦夷雷鳥】

キジ目ライチョウ科の鳥。全長35センチメートルほど。背面は茶・黒・白・灰色などがまじり、目の上が赤く、腹面は灰白色地に黒・茶の粗い縦紋がある。ライチョウと違って、冬も白くならない。ユーラシア北部の森林にすみ、日本では北海道に留鳥として生息。エゾヤマドリ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蝦夷雷鳥 (エゾライチョウ)

学名:Tetrastes bonasia
動物。キジ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えぞ‐らいちょう ‥ライテウ【蝦夷雷鳥】

〘名〙 キジ科ライチョウ亜科の鳥。全長約三六センチメートル。背面は、灰地に黒褐色赤褐色のまだらがあり、腹面は白地に縦紋がある。冬も白変しない。欧亜大陸北部から北海道にかけて分布し、森林の地上で生活する。えぞやまどり。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android