雷鳥(読み)ライチョウ

デジタル大辞泉の解説

らい‐ちょう〔‐テウ〕【雷鳥】

キジ目キジ科ライチョウ属の鳥。全長37センチくらい。尾は長くなく、丸い体つきで、あまり飛ばない。羽色は夏は褐色、冬は白色になり、雄では目の上に赤い裸出部がある。ユーラシア・アメリカの北部に分布。日本では中部地方の高山に生息し特別天然記念物。同属にはオジロライチョウ・ライチョウ・カラフトライチョウの3種が含まれ、北半球に分布。 夏》「―や雨に倦む日をまれに啼く/辰之助」→エゾライチョウ
[補説]英語ではターミガン(ptarmigan)またはグロース(grouse)といい、サンダーバード(thunderbird)とするのは誤訳。→サンダーバード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らいちょう【雷鳥】

キジ目ライチョウ科の鳥。北半球の北部に分布。ニホンライチョウは日本固有亜種。
の一亜種。全長約35センチメートル。よく太り、足は羽毛におおわれる。夏羽は地味な褐色で、冬羽は白色。本州中部山岳地帯のハイマツ群落に生息するが、赤石山脈以外の地域では絶滅が危惧される。特別天然記念物。北海道には別種のエゾライチョウが生息する。 [季] 夏。

らいちょう【雷鳥】

平塚ひらつからいてう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

雷鳥 (ライチョウ)

学名:Lagopus mutus
動物。キジ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

らい‐ちょう ‥テウ【雷鳥】

〘名〙 ライチョウ科の鳥。全長約三七センチメートル。雄の夏羽はキジの雌に似て、頭・背面・のど・胸は黒と茶の細かい横斑がある。腹面は白く、尾羽の側方は黒い。目の上に赤い小さな肉冠がある。雌の夏羽は、黄色を帯び、目の上の赤い肉冠はない。冬は雌雄ともほぼ全身白色の羽毛に抜け変わり、あしの指先まで白色羽毛でおおわれる。北半球の寒帯に分布し、日本では本州の日本アルプス・白山などの二四〇〇メートル以上の高山帯にだけ生息。植物の葉・実や昆虫を食べる。特別天然記念物に指定。らい。らいのとり。らいけい。いわどり。《季・夏》
※俳諧・虚栗(1683)上「雷鳥のはつねは觜を鳴るならん〈芭蕉〉 汐てる海に鰹孕る〈嵐雪〉」

らい‐の‐とり【雷鳥】

〘名〙 鳥「らいちょう(雷鳥)」の異名。
※正治初度百首(1200)鳥「しら山の松の木かげにかくろへてやすらにすめるらいの鳥哉〈後鳥羽院〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雷鳥の関連情報