蝦蟇仙人(読み)がませんにん

精選版 日本国語大辞典「蝦蟇仙人」の解説

がま‐せんにん【蝦蟇仙人】

〘名〙
① がまを使う仙人。とくに、中国三国時代、呉の葛玄、および五代後梁の劉海蟾(りゅうかいせん)をさす。がません。
※浄瑠璃・傾城島原蛙合戦(1719)二「音に聞たるもろこしに、形を吹出すてっかい山、蛙を愛せし蝦蟇仙人の、法をつたへて末の世に、めをおどろかすばかりなり」
② 画題の一つ。劉海蟾、呂洞賓、李鉄拐をいっしょに描くもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蝦蟇仙人」の解説

がま‐せんにん【××蟇仙人】

昔、ガマを使い、怪しい術を行ったという中国の仙人。三国時代の葛玄(かつげん)、および五代後梁の劉海蟾(りゅうかいせん)をさし、画題とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「蝦蟇仙人」の解説

蝦蟇仙人 がませんにん

歌舞伎,浄瑠璃(じょうるり)に登場する伝説上の人物。
蝦蟇の妖術をつかう中国の仙人。中国の三国時代の呉の葛玄(かつげん)や五代後梁の劉海蟾(りゅう-かいぜん)がモデルともいわれる。この伝説を近松門左衛門が「傾城(けいせい)島原(かえる)合戦」に脚色。4代鶴屋南北や河竹黙阿弥(かわたけ-もくあみ)の作品にも登場する。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android