コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

融合兵器 ゆうごうへいきfusion weapon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

融合兵器
ゆうごうへいき
fusion weapon

水素の原子核が融合してヘリウムの原子核をつくるとき放出する膨大なエネルギーを殺傷破壊力として利用する兵器。融合反応を起すためには,数千万度にも達する高温を必要とするため,引き金としてウラン 235またはプルトニウム 239の分裂反応 (原子爆弾〈原爆〉) を必要とする。また爆弾の原料としては重水素または三重水素のリチウムとの化合物の固体を使用する。この水素の融合兵器を水素爆弾 (水爆) または熱核兵器 thermonuclear weaponという。またこの水爆の周囲をタンパーとして金属ウランで包むと,融合反応から放出された高エネルギー中性子は,非分裂性のウラン 238 (金属ウランの 93%を占めている) に分裂反応を起させ大きなエネルギーを放出し,同時に強い放射性をもつ多量の分裂生成物をつくり,きわめてきたない爆弾となる。融合兵器は,原理的には前から知られていたが,アメリカで開発が決定されたのは,1949年で,ソ連が原爆実験に成功し,アメリカの核の独占が消滅したときである。 52年液体水素 (重水素,三重水素) を原料とする湿式の実験に成功したが,その大きさは大型トラック1台分にも相当するもので,実用に適するものではなかった。 53年ソ連は水素とリチウムの化合物による乾式の実験に成功し,54年にはアメリカは,前に述べた水爆の外側を金属ウランで包む3F爆弾の実験に成功した。その放出エネルギーは 15Mt (TNT1500万t相当) の大型で,風下側に濃い放射能汚染区域をつくった。この放射性降下物を浴びた日本漁船『第五福竜丸』の船員に放射能障害をもたらす事件が起きた。現在までの最大の実験は,62年ソ連の行なった 58Mtであろうといわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

融合兵器の関連キーワード中性子爆弾戦術核兵器

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android