コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

融通円門章 ゆうずうえんもんしょう

2件 の用語解説(融通円門章の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

融通円門章
ゆうずうえんもんしょう

江戸時代中期の融通念仏宗の僧大通融観著。1巻。元禄 16 (1703) 年成立。融通念仏の教旨を明らかにした綱要書。 10条より成り,融通念仏宗の開祖良忍が,修行の結果無量寿仏より法門を授けられた次第から説き起し,宗義をあかし,念仏行者の修行すべき日課を説く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ゆうずうえんもんしょう【融通円門章】

仏教書。一巻。大通融観著。1703年刊。融通念仏宗の根本聖典。開創の因縁を述べ、融通念仏の教義を明らかにする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

融通円門章の関連キーワード融通念仏宗十五宗大念仏宗融通念仏詮海融観良恵(1)良恵(2)朗湛大通融観

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone