融通念仏(読み)ユウズウネンブツ

大辞林 第三版の解説

ゆうずうねんぶつ【融通念仏】

融通念仏宗で唱える念仏。大念仏。円融念仏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆうずう‐ねんぶつ ユウヅウ‥【融通念仏】

〘名〙 仏語良忍が開いた融通念仏宗で唱える念仏。自他の唱える念仏がとけあうと説くもの。また、融通念仏宗の略称。円融念仏。大念仏。ゆずうねんぶつ。
[補注]古辞書などには、「ゆずうねんぶつ」とあるので、用例はそのに収めた。

ゆずう‐ねんぶつ ユヅウ‥【融通念仏】

※古今著聞集(1254)二「我遂本意、在上品上生。偏に融通念仏の力也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の融通念仏の言及

【融通念仏宗】より

良忍(1073‐1132)を開祖とし,その念仏思想たる融通念仏を信奉する宗派。大念仏宗などともいう。…

※「融通念仏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android