蟻の穴から堤も崩れる(読み)アリノアナカラツツミモクズレル

  • =より堤(つつみ)の崩(くず)れ
  • あり
  • の 穴(あな)=から堤(つつみ)も崩(くず)れる
  • 蟻(あり)の穴(あな)から堤(つつみ)も崩(くず)れる

大辞林 第三版の解説

韓非子 喩老
ささいなことでも油断すると、大きな災いを招くことがあるというたとえ。千丈せんじようの堤も蟻の穴より崩れる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(「韓非子‐喩老」の「天下之難事、必作於易、天下之大事、必作於細、〈略〉千丈之堤、以螻蟻之穴潰」による) ほんのわずかな油断や不注意がもとで、大事を招くことがあるということのたとえ。
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)道中双六「三吉と云馬追が乳兄弟に有などと、〈略〉ありのあなからつつみもくづれる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android