コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道中双六 ドウチュウスゴロク

デジタル大辞泉の解説

どうちゅう‐すごろく〔ダウチユウ‐〕【道中双六】

東海道五十三次の絵を順次渦巻き形に描いた絵双六。江戸を振り出しに進み、京で上がりとする。旅双六

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうちゅうすごろく【道中双六】

双六の一。東海道五十三次の絵を描き、日本橋を振り出しに、京都を上がりとする。旅双六。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

道中双六の関連キーワード合い紋・合い文・合紋・合文市川 米升(2代目)片岡仁左衛門(8代)丹波与作待夜の小室節竹本綱太夫(2代)竹本染太夫(1世)竹本住太夫(初代)津山検校(初代)実川延若(二世)吉田栄三(1世)中村歌六(5代)津山検校(1世)重の井子別れ秋山 正香中村宗十郎風間 宗六すたすた気しんど回り双六飛び双六

道中双六の関連情報