道中双六(読み)どうちゅうすごろく

精選版 日本国語大辞典「道中双六」の解説

どうちゅう‐すごろく ダウチュウ‥【道中双六】

〘名〙 絵双六の一種。東海道五十三次を、順次うず巻形に描き、振出しとして下端に江戸品川を、上がりとして中央に都をおく。貞享一六八四‐八八)の頃、浄土双六にまねて作ったといわれる。旅双六。
浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)上「きけばだうちうすご六があるげな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「道中双六」の解説

道中双六
(通称)
どうちゅうすごろく

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
伊賀越道中双六
初演
天明3.9(大坂・嵐座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android