コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟻差(し) アリサシ

デジタル大辞泉の解説

あり‐さし【×蟻差(し)】

板材のそりを防ぐため、木目と直角に鳩尾(きゅうび)形の溝を掘って、吸い付き桟(ざん)をはめこむこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ありさし【蟻差】

建築で、仕口しくちの一。蟻枘ありほぞを交互に組み合わせたもので、厚板などの接合に用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

蟻差(し)の関連キーワード木口蟻板材接合交互厚板

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android