蟻茸(読み)ありたけ

精選版 日本国語大辞典の解説

あり‐たけ【蟻茸】

〘名〙
① 担子嚢(たんしのう)菌類。南米ブラジルの森林内に生え、ハキリアリが自分の巣の中に培養して、食料にするという。かさの表面は白色に黒紫色の鱗片(りんぺん)を生じる。
② 子嚢菌類に属する虫生菌の一種。アリの体上に発生する。ありやどりたけ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる