コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟻蚕(読み)ぎさん(英語表記)newly hatched larva

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蟻蚕
ぎさん
newly hatched larva

蚕の孵化直後の幼虫をいう。体色は黒く,毛が密生しているので,毛蚕 (けご) とも呼ばれる。卵から最初に孵化してくるものは特に走り蚕と呼ばれる。蟻蚕 1gの頭数は 2300内外で,ヨーロッパ種は少く,中国種は多い。催青の保護温度が高いと蟻蚕の色は赤みを増す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎさん【蟻蚕】

卵からかえったばかりの蚕かいこ。蟻ありに似ている。けご。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の蟻蚕の言及

【カイコ(蚕)】より


[カイコの一生]
 カイコは卵で越冬するが,4月下旬にクワの新芽が伸びはじめたころ,蚕卵を冷蔵庫から出して25℃で保温すると,約1週間で孵化(ふか)する。孵化した幼虫は蟻蚕(ぎさん)と呼ばれるが,クワを与えると成長して約3日で食桑(しよくそう)を止め眠(みん)に入る。孵化から1眠までのカイコを1齢幼虫という。…

※「蟻蚕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android