血管収縮薬(読み)けっかんしゅうしゅくやく(英語表記)vasoconstrictor

世界大百科事典 第2版の解説

けっかんしゅうしゅくやく【血管収縮薬 vasoconstrictor】

血管壁の筋肉に働きかけて血管を収縮させる薬。臨床的には,主として交感神経興奮薬のうちα受容体興奮作用の強いものを局所的に適用して粘膜や皮下組織の血管を収縮させ,充血の除去,粘膜分泌の抑制,手術時の止血などに利用する。アドレナリンは作用の持続が短いので,それよりも持続性のフェニレフリン,エフェドリン,ナファゾリンなどの溶液が一般に使われる。自律神経薬【粕谷 豊】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android