コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血管収縮薬 けっかんしゅうしゅくやくvasoconstrictor

世界大百科事典 第2版の解説

けっかんしゅうしゅくやく【血管収縮薬 vasoconstrictor】

血管壁の筋肉に働きかけて血管を収縮させる薬。臨床的には,主として交感神経興奮薬のうちα受容体興奮作用の強いものを局所的に適用して粘膜や皮下組織の血管を収縮させ,充血の除去,粘膜分泌の抑制,手術時の止血などに利用する。アドレナリンは作用の持続が短いので,それよりも持続性のフェニレフリン,エフェドリン,ナファゾリンなどの溶液が一般に使われる。自律神経薬【粕谷 豊】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

血管収縮薬の関連キーワード鼻出血(鼻血)急性喉頭蓋炎持続勃起症閃輝性暗点プロカイン急性鼻炎慢性鼻炎花粉症止血薬片頭痛

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android