コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自律神経薬 じりつしんけいやくautonomic drugs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自律神経薬
じりつしんけいやく
autonomic drugs

自律神経系すなわち自律神経節およびそれに続く交感・副交感神経節後線維と,その受容器に働いて,これを興奮させたり抑制する薬物をいう。作用の部位や質によって細分されるが,便宜的には交感神経興奮剤と抑制剤,副交感神経興奮剤と抑制剤に大別される。また,神経線維の化学的分類に従ってコリン作動性とアドレナリン作動性に分ける。コリン作動性の興奮剤はアセチルコリンムスカリン,グワニジン,フィゾスチグミン,抑制剤はアトロピンスコポラミンなど。アドレナリン作動性の興奮剤はアドレナリン,ノルアドレナリンエフェドリンピロカルピン,抑制剤はエルゴトキシン,エルゴタミン,ジベナミン,レセルピンプロプラノロール,グアネジン,メチルドーパ,ハイドロキシドーパミンなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じりつしんけいやく【自律神経薬 autonomic drug】

自律神経(自律神経系)や自律神経の支配を受けている器官(効果器官)に働きかけて,自律神経が興奮したとき,あるいはその興奮が遮断されたときにみられる効果を発現する薬物の総称。交感神経興奮薬,交感神経遮断薬,副交感神経興奮薬,副交感神経遮断薬自律神経節興奮薬自律神経節遮断薬などが含まれる。
[交感神経興奮薬sympathomimetic agent]
 交感神経の興奮は,興奮によって神経の終末から放出されるノルアドレナリン(ノルエピネフリン)が,効果器細胞上のアドレナリン作動性受容体と結合することによって伝達される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

自律神経薬の関連キーワード鼻過敏症(アレルギー性鼻炎/血管運動性鼻炎)夜尿/遺尿/遺糞インポテンス血管収縮薬精液漏

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android