衆多(読み)シュウタ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅう‐た【衆多】

〘名〙 (形動) 数や量の多いこと。また、そのさま。たくさん。あまた。しゅた。
※明衡往来(11C中か)上本「頭中将小舎人童行事後乗之者太以衆多也」 〔史記‐鄒陽伝〕

しゅ‐た【衆多】

※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)二「長者、おほきにとみて、庫蔵、衆多(シュタ)(〈注〉ヲヲカリ)なり」
※叢書本謡曲・浦上(室町末)「日本の主にてましますが、しゅたの宝をふりすてて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報