コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行者忍辱 ギョウジャニンニク

デジタル大辞泉の解説

ぎょうじゃ‐にんにく〔ギヤウジヤ‐〕【行者忍辱】

ユリ科の多年草。本州中部以北の深山自生。高さ30~50センチ。地中鱗茎(りんけい)は淡褐色の繊維で覆われる。夏、花茎を伸ばし、白い小花を多数球状につける。全体にニンニク臭が強いが若いものは食用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

行者忍辱 (ギョウジャニンニク)

学名:Allium victorialis subsp.platyphyllum
植物。ユリ科の多年草,高山植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

行者忍辱の関連キーワード阿良々岐

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android