コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行障 コウショウ

デジタル大辞泉の解説

こう‐しょう〔カウシヤウ〕【行障】

天皇・神祇臨幸霊柩(れいきゅう)の葬送などのとき、その前後左右を隠すために用いた白布の幕。歩陣(ぶじん)。歩帳。こうぞう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうしょう【行障】

天皇の御幸や遷宮途上の御神体などの幸路でその前後左右を囲う遮蔽用の幕。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

行障の関連キーワード生活不活発病(廃用症候群)クロイツフェルト・ヤコブ病エリーザベト・フォン・R大脳皮質基底核変性症特発性正常圧水頭症うっ滞性皮膚炎パーキンソン病硬膜外ブロック第一ケーラー病ヘモグロビンSHAM(ハム)正常圧水頭症高圧酸素療法脊柱管狭窄症脳動脈硬化症間欠性跛行症特発性腎出血血管拡張薬阻血性拘縮ペルテス病

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android