コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ぎょう

16件 の用語解説(行の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ワープロソフトや表計算ソフトにおける、ページ上の横方向の並び。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あん【行】[漢字項目]

こう

ぎょう〔ギヤウ〕【行】

[名]
文字などの、縦または横の並び。くだり。「を改める」「かう段」
仏語。
㋐《〈梵〉saṃskāraの訳》十二因縁の一。過去に身・口・意の三業(さんごう)によってなした善悪すべての行い。
㋑《〈梵〉saṃskṛtaの訳》因縁によって作られた、一切の無常な存在。
㋒《〈梵〉carita, caryāの訳》僧や修験者の修行。
㋓《〈梵〉gamanaの訳》住・座・臥(が)とともに四儀の一。歩くこと。
哲学で、行為。実践。
数学で、行列または行列式で横の並び。
表計算ソフトリレーショナルデータベースにおける、横一列のデータの単位。複数のデータの組み合わせをひとまとめにしたもの。ロー。⇔
行書」の略。「楷(かい)、、草(そう)」
律令制で、位官を連ねて書く際、位階が高く官職が低いときに位官の間に置いた語。⇔
「正三位兼―左近衛大将」〈宇津保・内侍督〉
[接尾]助数詞。文字などの縦または横の並びの数をかぞえるのに用いる。「16目」

ぎょう【行】[漢字項目]

こう

くだり【行】

《「下(くだ)り」と同語源》
[名]
着物の縦のすじ。
「袂(たもと)の―まよひ来にけり」〈・三四五三〉
上から下までの一列。文章などの行(ぎょう)。
「―のほど、端ざまに筋かひて」〈・常夏〉
[接尾]助数詞。文章の行を数えるのに用いる。「三半」

こう〔カウ〕【行】

[名]
どこかへ行くこと。旅。「をともにする」「千里のも一歩より起こる」
人のすること。おこない。ふるまい。行動。
楽府(がふ)の一体。もとは楽曲の意。唐代以降は、長編の叙事詩的なものが多い。「琵琶
中国の隋・唐時代、営業を許された同種の商店が集中している区域。
中国で、唐・宋以後発達した業種別の商人組合。西洋のギルドに類似。
[接尾]旅に行くことの意を表す。「単独」「逃避

こう【行】[漢字項目]

[音]コウ(カウ)(漢) ギョウ(ギャウ)(呉) アン(唐) [訓]いく ゆく おこなう
学習漢字]2年
〈コウ〉
ゆく。ゆかせる。「行軍行進移行運行逆行血行徐行進行随行直行飛行平行夜行連行
旅。「紀行壮行旅行
おこなう。おこない。「行為行使行動敢行挙行凶行決行現行施行実行遂行善行素行犯行非行品行励行
書物を世に出す。「印行刊行発行
店。「銀行洋行
「銀行」の略。「行員
漢詩の一体。「琵琶行(びわこう)
〈ギョウ〉
ゆく。「行幸行商遊行(ゆぎょう)
おこなう。おこない。「行事行政興行知行奉行(ぶぎょう)乱行
仏教の勤め・修練。「行者苦行勤行(ごんぎょう)修行(しゅぎょう)難行
人や文字の並び。「行間行列改行
世界を成り立たせる要素。「五行諸行
漢字の書体の一。「行書
〈アン〉ゆく。旅をする。持ち歩く。「行火(あんか)行脚(あんぎゃ)行宮(あんぐう)行灯(あんどん)
[名のり]あきら・たか・つら・のり・ひら・みち・もち・やす・ゆき
[難読]充行(あてがい)宛行(あてがい)行潦(にわたずみ)流行(はやり)三行半(みくだりはん)行縢(むかばき)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

行【こう】

中国において隋唐以前,都市内での商業区域を同業商店ごとに区画した。その区画を〈行〉といい,薬行,酒行などと呼んだ。唐末以降は商業に対する国家の規制が崩壊するに及び,新たに商人たちが結成したギルド的な自主的組合をいう。
→関連項目ギルド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こう【行 háng】

中国で商人組合をさし,また商店,商社名をも意味する語。最近では商店名は記とか号とか呼ぶ方が多い。起源は,戦国期の市で,同業商店が集まったものを列とか肆(し)とか廛(てん)とか称したのに始まるという。列・肆が集合する慣行は,秦・漢時代に先秦の市を県に再編,整理したときにもひきつがれ,各県城の一郭に官設の市を設け,商人を市籍に登記して市租を徴するかたわら,市の町並みを整えて同業商工業者を業種別に配列した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぎょう【行】

[1] ( 名 )
文字などの並び。普通、縦書きの場合の縦の並び、横書きの場合の横の並びをいう。 「 -を改めて書きはじめる」 「 -と-の間に書き加える」
〘仏〙 〔 samskāra〕
五蘊ごうんの一。初めは心の意志的働きをさしたが、のちには存在物一般をさす。 「諸-無常」
十二因縁の一。あらゆるおこないのこと。また、現世の結果を生む原因となった過去世のおこない。
〘仏〙 〔 caryā〕 宗教上の実践。悟りを開くための修行・行法。
〘仏〙 〔 gamana〕 進みゆくこと。歩くこと。行住坐臥ぎようじゆうざがの四威儀の行。
漢字の書体の一。行書。 「真・-・草」
律令制で、位に相当していない低い官についている場合に、位と官との間に書く語。 ↔ しゆ 「正三位兼-左近衛大将/宇津保 初秋」 → 位署
〘数〙 行列または行列式で、横の並びをいう。
( 接尾 )
助数詞。文字などの縦または横の並びの数を数えるのに用いる。 「五-削る」

くだり【行】

〔「下くだり」と同源〕
[0] ( 名 )
文章の縦たての行ぎよう。 「 -の程、はじざまにすぢかひて/源氏 常夏
(着物の)縦の線。 「手本たもとの-まよひ来にけり/万葉集 3453
( 接尾 )
助数詞。文章の行ぎようを数えるのに用いる。 「ただ三-ばかりに、文字ずくなにこのましくぞ書き給へる/源氏 梅枝

こう【行】

行くこと。特に、旅行などで歩きまわること。 「 -を共にする」
隋唐時代、都市の特定地区(市)に限って営業を許された同業種から成る商店街。
唐の中期以後、同業者が営業独占と互助の目的で作った商人組合。
〔もと楽府がふの楽曲のこと〕 古詩の一体。唐代以降は、多く叙事詩。 「琵琶-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ぎょう

仏教用語。 (1) サンスクリット語 saṃskāraの訳。過去の行為の結果と,新たな状態を条件づける経験。特に十二因縁の第2にあたると解されることもある。また五蘊の第4にあたる。行蘊 (ぎょううん) に同じ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


ぎょう

「こう」ともいう。律令制上,令 (りょう) には官位相当の定めがあるが,官位が相当しない人の位署書きの場合,位が高すぎるとき,位と官の間に加える字。官位相当の場合は,「大納言正三位」などと書くが,位が高い場合には,たとえば「従二位行大納言」というように書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


こう
hang

中国の商人組織。漢以来,都市の商業区域である市には,同業商店ごとの並び (列,肆) があり,この同業者の並びおよび仲間組織を唐代に行と呼んだ。行頭,行老が一般の行戸,行人を代表,管理する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


こう

中国で商人ギルド、また商店の業種をさす。日本の銀行という語はこれに由来する。中国ではすでに戦国(前403~前221)のころ、各地の市場地で肆(し)、次(じ)、行列(こうれつ)などの名で同業商店が軒を並べる習慣が生じた。秦(しん)・漢から唐まで国の商業統制の強い時期に、都市に置かれた市(し)で、こうした習慣をもとに魚行、肉行、衣行、金銀行などが配列され、行老、行首が選ばれ、成員の行戸(こうこ)、行人(こうじん)を統率する組織があった。唐・宋(そう)の変革期に国の統制が緩むと、自律性と競合性を増した行は、実質的にギルドに転生し、価格統制、品質管理、徒弟店員の規律、対官折衝、福祉、祭神などの活動を多彩に行うようになった。宋代では行役(こうえき)という官庁用度の納入が有力な行に課されていたが、明(みん)・清(しん)時代になると、辺地の大商業都市では少数の有力な行がギルド・マーチャントをつくり、防衛を含む市政を牛耳(ぎゅうじ)るようになった。広東(カントン)の公行(こうこう)、張家口の保正行(ほせいこう)、台南の三郊(さんこう)、湖南の十館首士、重慶の八省会館などである。[斯波義信]
『加藤繁著『唐宋時代の商人組合「行」を論じて清代の会館に及ぶ』(『支那経済史考証 上』所収・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【市】より

…市は,交換の比率が需要と供給によって決定される場であるが,交換原理が卓越して,ものに限らず土地・労働力も商品化され取引されるようになり,価格決定の場としての市場体系が,社会をあるいは経済を決定するようになったのが近代西欧的な社会である。 アフリカ社会の市の人類学的研究を行ったボハナンPaul BohannanとダルトンGeorge Daltonは,売買取引の特定の場である〈市場market place〉と,需給関係によって価格が決定される〈市場交換原理principle of market exchange〉とを区別し,近代社会以外にも市場交換原理の作用する場合が見いだされることを指摘し,場としての市と市場交換原理が果たす役割に基づいて,社会を次の三つに分類した。(1)市場欠如型社会 場としての市がなく,市場交換原理も作用するとすれば個人間にあらわれるにすぎない。…

【ギルド】より

…古ゲルマン語には供犠,貢納,税を意味したゲルトgild(貨幣)の語があり,それと同語源のギルドは〈貢納・供犠団体Zahl‐ und Opfergemeinschaft〉であったと考えられる。779年のヘルスタールの勅令においてカール大帝が契約ギルドを禁止し,契約を結ぶことなしに難破や火災の際に相互扶助を行う団体のみ承認している。これはフランク族におけるギルドに関する最古の文書史料であり,ギルドが相互扶助団体であったことを示している。…

【商業】より

…漢字の〈商〉の第一義は,〈はかる〉であるが,日本語の〈あきない〉も,収穫の秋に飽き満ちた作物を互いに交換すること,すなわち交換を営むことを意味するとされている。いずれにしても,商の現象は,恵むこと,施すこと,盗むこと,奪うことではなく,己の物を他に与え,同時に他の物を己に受けて,自他ともに満足するところの取引行為を表している。商が取引行為にあるならば,商すなわち取引を業とするのが商業となる。…

【宋】より

…しかし太平になれた政府は,これに対して無為無策であったから,社会矛盾は年とともにはげしくなった。そこで1043年,范仲淹(はんちゆうえん),欧陽修らは仁宗の信任をえて行政改革を試みたが,多くの反対にあってわずか1年で挫折した。事態がいっこうに改善されないうえに,英宗朝になると,英宗の生父を礼法上いかに処遇するかをめぐって,朝廷を二分する大論議(濮議(ぼくぎ))が起こり,いたずらに政治の空白が生じた。…

【坊郭戸】より

…農村と同様,主戸・客戸に分けられ,主戸は10等級に戸等化された。屋税・地税など城郭の賦のほか,官庁の必要物資を調達する科配,王安石の新法による免行銭や助役銭を負担した。州県城郭内の商業地域に実施されていた坊制()が宋に入って崩壊し,営業上の地域・時間の制約がなくなると,商工業者は同業商人組合〈(こう)〉や職人組合〈作〉を組織した。…

※「行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

行の関連キーワード一・壱・壹一打ち逸・一・佚・溢・逸一再国方事欠けざら見出づ真し一本木

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

行の関連情報