コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衛元嵩 えいげんすうWei Yuan-song; Wei Yüan-sung

2件 の用語解説(衛元嵩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衛元嵩
えいげんすう
Wei Yuan-song; Wei Yüan-sung

中国,南北朝時代北周の人。初め僧でのち還俗。天和2 (567) 年道士張賓とともに,武帝に仏教が治国に害があることを説き,廃仏を起させるきっかけをなした。大成1 (579) 年にも『破仏議』6条を奏したが,このときはいれられなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えいげんすう【衛元嵩 Wèi Yuán sōng】

中国,北周時代の仏教沙汰論者。成都新繁県の人。生没年不明。南朝梁末に出家し亡名に師事したが,のち長安に至り567年(天和2),北周武帝に30余紙の教団粛清案を上呈した。現在の寺院は仏の大慈にもとる曲見伽藍であり,逆に国家こそ仏心にかなう平延寺であるから,国を損ない民を害する寺塔は廃棄すべしと主張,武帝による廃仏(574)の契機となった(三武一宗の法難)。《元包経伝》《斉三教論》などの著作がある。【藤善 真澄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone