衛河(読み)えいが

世界大百科事典 第2版の解説

えいが【衛河 Wèi hé】

中国の華北平原を流れる海河水系の五大河川の一つ。御河ともいう。源を山西省と河南省の境界付近の太行山脈南端部に発し,河南省新郷市より北東に流れ,山東省臨清県,徳州市を経て河北省に入り,大清河と合流したのち,天津市で永定河と会して海河と呼ばれる。臨清より下流は大運河の一部を構成,南運河と称せられる。隋の煬帝(ようだい)は,608年(大業4),河南省武陟県あたりで,黄河が沁水(しんすい)を経て衛河に入り涿郡(郡治は現在の北京)にいたる運河を開いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

衛河
えいが / ウェイホー

中国、華北平原上を流れる川。下流部は大運河の一部をなし、南運河とよばれる。海河(かいが)水系の五大支流の一つである。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android