コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衝突被害軽減ブレーキ ショウトツヒガイケイゲンブレーキ

2件 の用語解説(衝突被害軽減ブレーキの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうとつひがい‐けいげんブレーキ【衝突被害軽減ブレーキ】

プリクラッシュセーフティーシステム

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

衝突被害軽減ブレーキ
しょうとつひがいけいげんぶれーき

車両に備えられたセンサーやーコンピュータ(CPU)などの電子機器が、追突または正面衝突のおそれがあると判断した場合、自動的ブレーキ機構に介入して制動を行う装置。自動車の衝突事故を未然に防ぐ技術。機構的には、前走車・対向車、歩行者等を認識するセンサーとしてミリ波レーダーを使うもの、カメラを使うもの、両者を融合したものがある。センサーが衝突の危険を感知すると、まず警告音を発したり、ハンドルや座席などを振動させることによってドライバーに危険を知らせ、衝突を避ける操作を促す。警告にもかかわらず運転者が衝突回避の行動を行っていないとセンサーが判断すると、自動でブレーキを作動させて停止させるなどして、衝突被害の軽減を図る。このほか、対向車や路肩を歩く人間との衝突を回避するため、ステアリング(ハンドル)操作に介入することで回避操作を補助するものがある。
 また、衝突被害軽減ブレーキ機構には誤発進抑制機能も含まれ、オートマチック車でセンサーが前方または後方に障害物があると判断した状況において、運転者がアクセルペダルを踏み込んだ場合には、急発進の防止を支援する。
 衝突軽減ブレーキのみが単独で備えられることは少なく、誤発進抑制機能や車線逸脱警報機能、アダプティブ・クルーズコントロールと組み合わせた運転支援システムの一部として備えられていることが多い。[伊東和彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衝突被害軽減ブレーキの関連キーワードアクティブセーフティーセーフティーゾーンセーフティーバントセーフティービンディングフィフティーフィフティーセキュリティーシステムパッシブセーフティー最後のセーフティーネット防火セーフティーマークZIG メモリーシステム スクロール&ブラッシュ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

衝突被害軽減ブレーキの関連情報