コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

路肩 ロカタ

百科事典マイペディアの解説

路肩【ろかた】

道路の両端にある有効幅員以外の路面部分。舗装部分を保護し,待避のための余地として使用される。幅は道路構造令によって道路の種類,地形等に応じて定められている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の路肩の言及

【高速道路】より

…道路構造のうち,道路の機能面を決定づけるのは幾何構造で,そのうちのおもなものは横断構成と線形である。横断構成とは,道路を横に切った場合の断面の機能的な構成であり,車道,路肩,分離帯などから成り立っている。また線形とは,路線に沿った道路の形であり,空から見た場合の平面線形と側面から見た場合の縦断線形に分けられる。…

【道路】より

…(1)横断形状 道路の横断面の形状を横断形状といい,地方道路と街路とで,また一般道路と高速道路とでも機能的にいくぶん異なっている(図2)。地方道路の場合,横断形状は一般に車道路面,路肩,排水側溝,切取りのり(法)面あるいは盛土のり面などからなっている。車道路面はふつう2車線以上で,自動車が安全快適に走行できるように通常は舗装される。…

※「路肩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

路肩の関連情報