コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衡門 コウモン

デジタル大辞泉の解説

こう‐もん〔カウ‐〕【衡門】

2本の柱に横木をかけ渡しただけのそまつな門。転じて、貧しい者または隠者住居をいう。冠木門(かぶきもん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうもん【衡門】

冠木かぶき門。転じて、隠棲の家。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の衡門の言及

【門】より

…文献的には室町時代までさかのぼるが,できたのは鎌倉時代ころであろう。 冠木(かぶき)門は2本の門柱の上に横木をのせたもので,〈衡門〉ともいわれ,上土門とともに武家の屋敷に用いられた。釘貫(くぎぬき)門は2本の門柱の上部に貫を通したもので,冠木門と似ているので,現在では混同されている。…

※「衡門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

衡門の関連キーワード飯田斧木斧木隠棲