衣ヶ浦湾(読み)ころもがうらわん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

衣ヶ浦湾
ころもがうらわん

愛知県南部、三河(みかわ)湾西部の知多(ちた)湾湾奥部の湾入。知多半島と西三河地方を分ける。別に衣浦(きぬうら)湾ともよぶが、これは衣浦(きぬうら)港ができてからの名称である。境川断層の谷地形で最深部は16メートル、平均深度約7メートル。矢作(やはぎ)川、境川が流入し沿岸部は土砂堆積(たいせき)による5メートル以下の浅海で、埋立臨海工業地帯となっている。縄文時代には海進で刈谷(かりや)市付近までが海、陸海の境界付近には多くの貝塚群が分布している。江戸時代には三河五箇所湊(ごかしょみなと)(大浜、鷲塚(わしづか)、平坂(へいさか)、犬飼(いぬかい)、御馬(おんま))、知多半島側に亀崎、半田、武豊(たけとよ)などの港があって江戸廻船(かいせん)の基地。現在は重要港湾衣浦港と両岸は臨海工業地帯。また両岸は衣浦大橋、海底トンネルなどによって結ばれている。[伊藤郷平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android