平坂(読み)へいさか

世界大百科事典 第2版の解説

三河国(愛知県)矢作(やはぎ)川河口に位置する近世西尾藩の外港であり,元禄年中(1688‐1704)より市川外山新美の3問屋があり,陸上積荷の人夫はつねに100人余,1745年(延享2)江戸廻船8艘が所属し,伊勢湾の諸港を往復する中型の船もあり,三河木綿積出しの拠点として栄えた。矢作川の川舟は,平坂から干鰯(ほしか),〆粕(しめかす),魚油,大豆などを積んで上り,上流から木炭,割木,竹などを積んで下った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛知県中南部、西尾市の一地区。旧平坂町。江戸時代、矢作(やはぎ)川舟運の結節点、三河五箇所湊(みなと)(大浜、鷲塚(わしづか)、平坂、犬飼、御馬(おんま))の筆頭、西尾藩の外港として栄えた。鋳物業の歴史は古く、江戸時代から今日まで存続しているが、現在は各種機械の部品をつくっている。近くの中畑(なかはた)は船紡績(ガラ紡)の中心だったが矢作川改修とともに姿を消した。

[伊藤郷平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の平坂の言及

【西尾[市]】より

…江戸時代は西尾藩の城下として栄え,岡崎,吉田(現,豊橋市)とともに三河三都と称された。当時の中心街の本町には問屋が軒を並べ,平坂(へいさか)は矢作川水運の拠点として繁栄した。明治時代以降,東海道本線からははずれたが,名鉄西尾線・三河線の開通とともに近代都市としての発展基盤がつくられた。…

※「平坂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平坂の関連情報