コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衣浦湾 きぬうらわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衣浦湾
きぬうらわん

別称衣ヶ浦湾 (ころもがうらわん) 。愛知県知多半島と岡崎平野にはさまれた知多湾の湾奥にある湾。周囲約 70km,南北約 20km,東西約 3kmにわたる細長い浅海。藩政時代は塩の産地として栄え,沿岸の港は尾張藩の保護を受けて繁栄した。特に武豊港は明治期,東海道本線建設の資材陸揚基地であった。武豊,半田,東浦,刈谷,高浜,碧南などの市町に囲まれ,漁業,醸造,織物,製瓦などが行われた。 1957年湾内の8港を統合して衣浦港とし,重要港湾に指定。東西両岸におのおの 830haの工業用地が造成され,東西の連絡は高浜と亀崎を結ぶ衣浦大橋,半田,碧南市を結ぶ衣浦トンネルによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

衣浦湾の関連キーワード知多半島道路白しょうゆ碧南(市)藤江の渡し半田(市)みよし市油ヶ淵武豊町成岩大浜

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android