コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表面ポテンシャル ひょうめんポテンシャルsurface potential

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

表面ポテンシャル
ひょうめんポテンシャル
surface potential

(1) 固体または液体と空気との境界面にできる電位差。たとえば金属や電解質などの導体において電子は熱運動により絶えず表面からわずかに外に飛出しては戻っているから,表面の外側は負,内側は正の電気二重層ができて外側は内部より電位が低い。この両側の電位差を表面ポテンシャルという。 (2) 半導体の表面と内部における電子に対するポテンシャルの差。他の物質との接触によって,表面に電気二重層ができるために生じる。整流作用の原因になる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

表面ポテンシャルの関連キーワード界面電気現象

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android