コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袋織(り) フクロオリ

デジタル大辞泉の解説

ふくろ‐おり【袋織(り)】

二重織りの一。耳の部分以外は表裏を密着させず、筒状に織る織り方。また、その織物帯地・コート地・袋物地などに使われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

袋織【ふくろおり】

袋状に織った二重織の一種。表裏2枚の織物を密着させずに両端の耳の部分でとじたもの。同一の緯(よこ)糸で表裏を交互に織る。袋帯,袋物,コート地などにする。
→関連項目袋帯

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

袋織(り)の関連キーワード二重織り・二重織名護屋帯絞り袋地二重織物和服袋耳角帯

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android