コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重織 にじゅうおり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二重織
にじゅうおり

織物組織の名称。経糸緯糸を,表面に出るものと裏面に出るものとおのおの2種を用いて織ったもので,2枚の織物を重ねたような形となる。この表裏の両者が分離しないように,ところどころ表の経糸または緯糸を裏組織に組入れる。風通 (ふうつう) 織などは,この方法で織られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にじゅう‐おり〔ニヂユウ‐〕【二重織(り)】

縦糸に表に出るものと裏に出るものとの2種を用い、また横糸も表・裏それぞれの縦糸と織り合わせる2種を用いて、表と裏を別組織に織った織物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

二重織【にじゅうおり】

二重組織による織物で,表裏二面の糸を交替・浮沈させて織り上げる。無地柄物毛織と合繊織の組合せなどが多い。両面仕立(リバーシブル)のコートジャケットマフラーなどに用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の二重織の言及

【織物】より

…そのほか,四原組織の変化のいずれにも入れがたいものが若干あり,それを通常特別組織と呼んでいる。その一つは経,緯ともにそれぞれ2種の糸を用い,表裏を別々に組織した織物で,二重織といわれている。ちょうど2枚の織物を一部で綴り合わせたような状態になっているものと,経糸あるいは緯糸だけを二重にしたものもある。…

【風通】より

…表裏色違いの織文様があらわされる〈両面織〉あるいは〈二重(にじゆう)織〉のこと。すなわち経緯糸ともに表裏2組の色糸を用い,表は表経(おもてだて)と表緯(おもてぬき)で,裏は裏経と裏緯で組織し,製織過程で表裏の糸を浮沈交替させつつ織りあげた織物をいう。…

※「二重織」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

二重織の関連キーワードスウェーデン刺しゅう風通織り・風通織清涼織り・清涼織ジョーゼット袋織り・袋織欧風刺しゅうマトラッセ春江[町]羽二重正宗ブロケード変化組織正倉院裂膨れ織り二倍織物電気毛布キャメル織物組織スエード二重織物モール

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android