コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁判所規則 さいばんしょきそく

世界大百科事典 第2版の解説

さいばんしょきそく【裁判所規則】

最高裁判所規則ともいわれる。法令の一形式であり,法律国会により,政令が内閣によって制定されるのに対し,裁判所規則を制定する主体は最高裁判所である(憲法77条)。おもな例としては,民事訴訟規則刑事訴訟規則,家事審判規則等がある。下級裁判所も最高裁から委任を受けて規則を制定することがある。明治憲法の下では裁判所にこのような規則制定権が認められていず,行政権に属する司法大臣の定めるところにより規律されていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の裁判所規則の言及

【命令】より

…しかし社会関係が複雑になるにしたがい,法律は大綱的規定を設け,その執行のために必要な規律を行政権にゆだねることも少なくなく,現実の法律適用上命令は重要な役割を果たしている。 なお,上記の意味での命令のほか,裁判所の定める規則(裁判所規則。憲法77条1項),地方公共団体の定める条例・規則を含めた法律以外の国法形式を命令ということもある。…

※「裁判所規則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android