コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民事訴訟規則 みんじそしょうきそく

3件 の用語解説(民事訴訟規則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

民事訴訟規則
みんじそしょうきそく

憲法 77条により認められた規則制定権に基づいて,最高裁判所民事訴訟の公正かつ迅速な運用をはかるべく制定した,民事訴訟手続に関する細則。昭和 31年最高裁判所規則2号は,総則,第1審の訴訟手続,上訴,再審,手形訴訟および小切手訴訟に関する特則の5編 69ヵ条からなっていたが,2000年の民事訴訟法の大改正にあわせて改正され,第6編少額訴訟に関する特則などが追加され9編 240条となった (平成8年最高裁判所規則5号) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みんじそしょう‐きそく【民事訴訟規則】

民事訴訟の実務的手続きについて、最高裁判所が定めた規則。平成8年(1995)制定。旧規則は昭和31年(1956)制定。最高裁判所規則の一つ。→刑事訴訟規則

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みんじそしょうきそく【民事訴訟規則】

最高裁判所が憲法によって与えられている規則制定権(憲法77条)に基づいて,民事訴訟法の運用のために必要な細目を定めた裁判所規則。1956年に公布・施行された。沿革的には,それまでの〈民事訴訟の継続審理に関する規則〉(1950公布),〈民事上告事件等訴訟手続規則〉(1954公布)等を統合して,民事訴訟法全般にわたった細目を定めるに至ったものである。その後,新民事訴訟法典の成立(1996公布,98施行)にともない,全面的に改正された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

民事訴訟規則の関連キーワード下級裁判所大審院特別上告違憲立法審査権合議制裁判所最高裁判所裁判官直接機関ラビング事件違憲立法審査制度裁判所規則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

民事訴訟規則の関連情報