コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩松 いわまつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩松
いわまつ

愛媛県南西部,宇和海に臨む湾入の奥 (岩松川河口南岸) にある宇和島市の集落。旧町名。 1955年近隣5村と合体して津島町となり,2005年1市3町が合体して宇和島市となった。江戸時代から,豪商として知られた小西一族がおり,津島郷の物産の集散地であった。小西家の白壁,土蔵造の屋敷がいまも残る。名高い笹屋の千石船も発着した船着場は,初め町の中心にあったが,たび重なる岩松川の氾濫により三角州が延び,現在は中心から離れて位置している。獅子文六の小説『てんやわんや』の舞台としても知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いわ‐まつ〔いは‐〕【岩松】

イワヒバの別名。

がん‐しょう【岩松/×巌松】

岩の上に生えた松。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いわまつ【岩松】

イワヒバの別名。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩松
いわまつ

愛媛県西部、宇和島市津島町地区の中心地域。旧岩松町。岩松川河口に位置し、流域を後背地として商業が盛ん。蔵造りの商家など、古い町並みが残る。旧庄屋(しょうや)小西家は獅子文六(ししぶんろく)が『てんやわんや』を執筆した所として知られる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

岩松 (イワマツ)

植物。イワヒバ科の常緑多年草,園芸植物,薬用植物。イワヒバの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の岩松の言及

【津島[町]】より

…東は高知県に接する。三方を山に囲まれ,町域北端の鬼ヶ城山(1151m)に発して宇和海に注ぐ岩松川などの河川沿いに低地がある。一帯は津島郷とよばれ,中世,岩松の天ヶ森城に拠ってあたりを支配した越智氏は,津島殿と称された。…

※「岩松」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岩松の関連キーワード長野県上高井郡小布施町雁田愛媛県宇和島市津島町岩松古今亭志ん生(3世)山村友五郎(初代)アンガラ楯状地古今亭志ん生恋のためらい尾上・伊太八坂東助三郎石狩低地帯安部熊之輔世良田義政ペンニン帯蒲団と達磨尾上伊太八世良田頼氏山下 友枝ギュツラフ津島[町]影山 秀樹

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩松の関連情報