コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩松 いわまつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩松
いわまつ

愛媛県南西部,宇和海に臨む湾入の奥 (岩松川河口南岸) にある宇和島市の集落。旧町名。 1955年近隣5村と合体して津島町となり,2005年1市3町が合体して宇和島市となった。江戸時代から,豪商として知られた小西一族がおり,津島郷の物産の集散地であった。小西家の白壁,土蔵造の屋敷がいまも残る。名高い笹屋の千石船も発着した船着場は,初め町の中心にあったが,たび重なる岩松川の氾濫により三角州が延び,現在は中心から離れて位置している。獅子文六の小説『てんやわんや』の舞台としても知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いわ‐まつ〔いは‐〕【岩松】

イワヒバの別名。

がん‐しょう【岩松/×巌松】

岩の上に生えた松。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いわまつ【岩松】

イワヒバの別名。 [季] 夏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩松
いわまつ

愛媛県西部、宇和島市津島町地区の中心地域。旧岩松町。岩松川河口に位置し、流域を後背地として商業が盛ん。蔵造りの商家など、古い町並みが残る。旧庄屋(しょうや)小西家は獅子文六(ししぶんろく)が『てんやわんや』を執筆した所として知られる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の岩松の言及

【津島[町]】より

…東は高知県に接する。三方を山に囲まれ,町域北端の鬼ヶ城山(1151m)に発して宇和海に注ぐ岩松川などの河川沿いに低地がある。一帯は津島郷とよばれ,中世,岩松の天ヶ森城に拠ってあたりを支配した越智氏は,津島殿と称された。…

※「岩松」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩松の関連情報