コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裂頭条虫症 れっとうじょうちゅうしょう Diphyllobothriasis, Diphyllobothriosis

1件 の用語解説(裂頭条虫症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

れっとうじょうちゅうしょう【裂頭条虫症 Diphyllobothriasis, Diphyllobothriosis】

[どんな病気か]
 長さが2~10mの裂頭条虫が小腸(しょうちょう)に寄生するものです。
 日本近海のサケやマスを生(なま)で食べて、幼虫を摂取して感染する日本海裂頭条虫症(にほんかいれっとうじょうちゅうしょう)と、北欧のサケ、マスや北米の湖沼でとれたマスを生で食べて感染する広節裂頭条虫症(こうせつれっとうじょうちゅうしょう)とがあります。
[症状]
 無症状の人もいますが、ふつうは腹痛、下痢(げり)、嘔吐(おうと)などの消化器症状と貧血(ひんけつ)がみられます。
[検査と診断]
 成虫が途中で切れて、その体節が肛門(こうもん)から排出されて気づき、その体節を調べて診断がつくことが多いのですが、糞便(ふんべん)検査で虫卵(ちゅうらん)を見つけて診断されることもあります。
[治療]
 専門医を訪ねて、プラジカンテル、または抗生物質のパロモマイシンを早朝の空腹時に1~2回内服し、その後に下剤を飲みます。
 サケやマスは、よく火をとおして食べることが予防につながります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

裂頭条虫症の関連キーワードリボンどんな何心地何なり不死身プリマドンナ病は気から寸詰りメロカンナランナバウト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone