コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裂頭条虫症 れっとうじょうちゅうしょうDiphyllobothriasis, Diphyllobothriosis

家庭医学館の解説

れっとうじょうちゅうしょう【裂頭条虫症 Diphyllobothriasis, Diphyllobothriosis】

[どんな病気か]
 長さが2~10mの裂頭条虫が小腸(しょうちょう)に寄生するものです。
 日本近海のサケやマスを生(なま)で食べて、幼虫を摂取して感染する日本海裂頭条虫症(にほんかいれっとうじょうちゅうしょう)と、北欧のサケ、マスや北米の湖沼でとれたマスを生で食べて感染する広節裂頭条虫症(こうせつれっとうじょうちゅうしょう)とがあります。
[症状]
 無症状の人もいますが、ふつうは腹痛、下痢(げり)、嘔吐(おうと)などの消化器症状と貧血(ひんけつ)がみられます。
[検査と診断]
 成虫が途中で切れて、その体節が肛門(こうもん)から排出されて気づき、その体節を調べて診断がつくことが多いのですが、糞便(ふんべん)検査で虫卵(ちゅうらん)を見つけて診断されることもあります。
[治療]
 専門医を訪ねて、プラジカンテル、または抗生物質のパロモマイシンを早朝の空腹時に1~2回内服し、その後に下剤を飲みます。
 サケやマスは、よく火をとおして食べることが予防につながります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

裂頭条虫症の関連キーワード寄生虫病の最近の動向人獣共通感染症ビタミンB12

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android