コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福井平野 ふくいへいや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福井平野
ふくいへいや

かつては越前平野といった。福井県北部の平野文珠山のある狭隘部によって以南の武生盆地,さらに九頭竜 (くずりゅう) 川以北を坂井平野に区分されるが,広義にはこれらを含めて呼ぶ。東側は加越山地と越前中央山地により,西側は丹生山地と西安居 (にしあごう) 断層により境されている。この沈降地域に九頭竜川日野川足羽 (あすわ) 川が流入して形成されたもので,ゆるやかな扇状地面から三角州に移っている。また北端部は加越台地と三里浜によって日本海とへだてられる。そのために北にいくに従って排水不良の湿田が多かったが,次第に土地改良が進められ,乾田化された。九頭竜川,足羽川の平野への流入口にはそれぞれ大堰堤を造り灌漑に利用している。開拓は奈良時代に興福寺,東大寺の荘園として開かれた記録があり,福井市南郊の道守 (ちもり) 庄,文珠山北側の糞置 (くそき) 庄の古い絵図が正倉院に残っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくいへいや【福井平野】

福井県嶺北の中央やや西寄りにある平野。越前平野ともいう。県下最大の平野で,県人口の6割近くが住む。全域が沈降性の低地をなし,そこへ九頭竜川と支流の足羽(あすわ)川,日野川が周辺の山地から土砂を運び込んで埋め立てた沖積平野で,南北約40km,東西の幅約10~15kmと南北に長く,地元では文珠山の狭隘(きようあい)部以南を武生(たけふ)盆地,九頭竜川以北を坂井平野,その中間を狭義の福井平野と通称する。武生盆地は越前中央山地と丹生(にゆう)山地の間にあり,南の南条山地より流入する日野川がおもに埋め立てた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕福井平野(ふくいへいや)


福井県北部、九頭竜(くずりゅう)川下流域の沖積(ちゅうせき)平野。広義には北部の坂井(さかい)平野と南部の武生(たけふ)盆地を含む。県人口の半数以上が居住する県の中心地。越前(えちぜん)平野とも。水田単作地帯で早場米の産地。福井・越前両市を中心に繊維工業が発達。鯖江(さばえ)市は眼鏡枠製造業の世界的中心地

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福井平野
ふくいへいや

福井県中部の九頭竜(くずりゅう)川下流域の沖積平野。北部を坂井(さかい)平野と称することもある。また広義には越前(えちぜん)市、鯖江(さばえ)市のある武生(たけふ)盆地も含むが、一般には福井市以北をさすことが多い。成因的には陥没沈降の平野で、東方の越前中央山地とは剣ヶ岳(けんがだけ)断層、西方の丹生(にゅう)山地とは大安寺(だいあんじ)断層・西安居(にしあご)断層でくぎられ、北を加越(かえつ)台地、三里浜砂丘で限られ、南は足羽(あすわ)山、八幡(はちまん)山、兎越(うさごえ)山の小丘陵群で武生盆地と境している。平野の大部分は20メートル以下の低平な湿地で水田単作地帯。平野一帯は全国一の化学繊維織物地域でもある。[木下昭三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

福井平野の関連キーワード六呂瀬山古墳群あわら[市]二本松山古墳福井県鯖江市上志比[村]武生[市]美山[町]坂井[町]松岡[町]坂井〈町〉金津[町]福井[市]春江[町]芦原[町]鯖江[市]武生〈市〉清水〈町〉芦原〈町〉春江〈町〉福井空港

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android