コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福井平野 ふくいへいや

5件 の用語解説(福井平野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福井平野
ふくいへいや

かつては越前平野といった。福井県北部の平野。文珠山のある狭隘部によって以南の武生盆地,さらに九頭竜 (くずりゅう) 川以北を坂井平野に区分されるが,広義にはこれらを含めて呼ぶ。東側は加越山地越前中央山地により,西側は丹生山地と西安居 (にしあごう) 断層により境されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふくい‐へいや〔フクゐ‐〕【福井平野】

福井県中部にある平野。九頭竜(くずりゅう)川下流域の県内最大の沖積平野。広義には武生(たけふ)盆地から北の三国方面までの一帯を指すが、一般には南部の武生盆地を除いて呼ぶことが多い。南北約40キロメートル、東西の幅約10~15キロメートル。県の穀倉地帯であり、政治経済の中心。北部を坂井平野ということもある。越前平野。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふくいへいや【福井平野】

福井県嶺北の中央やや西寄りにある平野。越前平野ともいう。県下最大の平野で,県人口の6割近くが住む。全域が沈降性の低地をなし,そこへ九頭竜川と支流の足羽(あすわ)川,日野川が周辺の山地から土砂を運び込んで埋め立てた沖積平野で,南北約40km,東西の幅約10~15kmと南北に長く,地元では文珠山の狭隘(きようあい)部以南を武生(たけふ)盆地,九頭竜川以北を坂井平野,その中間を狭義の福井平野と通称する。武生盆地は越前中央山地と丹生(にゆう)山地の間にあり,南の南条山地より流入する日野川がおもに埋め立てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕福井平野(ふくいへいや)


福井県北部、九頭竜(くずりゅう)川下流域の沖積(ちゅうせき)平野。広義には北部の坂井(さかい)平野と南部の武生(たけふ)盆地を含む。県人口の半数以上が居住する県の中心地。越前(えちぜん)平野とも。水田単作地帯で早場米の産地。福井・越前両市を中心に繊維工業が発達。鯖江(さばえ)市は眼鏡枠製造業の世界的中心地。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福井平野
ふくいへいや

福井県中部の九頭竜(くずりゅう)川下流域の沖積平野。北部を坂井(さかい)平野と称することもある。また広義には越前(えちぜん)市、鯖江(さばえ)市のある武生(たけふ)盆地も含むが、一般には福井市以北をさすことが多い。成因的には陥没沈降の平野で、東方の越前中央山地とは剣ヶ岳(けんがだけ)断層、西方の丹生(にゅう)山地とは大安寺(だいあんじ)断層・西安居(にしあご)断層でくぎられ、北を加越(かえつ)台地、三里浜砂丘で限られ、南は足羽(あすわ)山、八幡(はちまん)山、兎越(うさごえ)山の小丘陵群で武生盆地と境している。平野の大部分は20メートル以下の低平な湿地で水田単作地帯。平野一帯は全国一の化学繊維織物地域でもある。[木下昭三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福井平野の関連情報