裏を返す(読み)ウラヲカエス

デジタル大辞泉の解説

裏(うら)を返・す

遊里で、初めて買った遊女を二度目に来てまた買い、遊興する。また転じて、同じことをもう一度する意にもいう。
(「裏を返せば」の形で)逆の見方をすれば。本当のことを言えば。「彼の考えは、―・せば営利主義そのものだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うらをかえす【裏を返す】

初めて遊んだ遊女をもう一度呼んで遊ぶ。
(「裏を返せば」の形で)逆の面から言えば。逆の言い方をすれば。 「 - ・せば、与野党なれあいの決着」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うら【裏】 を 返(かえ)

遊里で初めてあげた遊女を二度目に呼ぶ。壁かえす。
※随筆・麓の色(1768)三「裏をかへすは壁を塗より出たる俗諺なるべし」
※落語・居残り佐平次(1919)〈初代柳家小せん〉「遊びをして再会(ウラ)を返さないのはお客の恥」
② 同じ事を重ねてする。
※歌舞伎・水天宮利生深川(筆売幸兵衛)(1885)序幕「監獄所の裏を返しゃあ済むのだから」
③ 壁の上塗りをする。壁の表側を塗った後に裏側を塗り、木舞(こまい)からはみ出した壁土を裏側から塗り返す。裏壁かえす。
※俳諧・藤の実(1694)春「新壁や裏もかへさぬ軒の梅〈素牛〉」
④ 打った釘の先を打ち曲げる。裏釘返す
※浄瑠璃・出世景清(1685)四「一尺二寸の大釘のうらをかへさず打たれば」
⑤ 物事に対してふつうとは逆の言い方や見方をする。
※善良な罪人(1951)〈山本健吉〉「『聖ヤクザ』とは、裏をかえせばみみっちい罪人ということである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

裏を返すの関連情報