詰り(読み)ツマリ

デジタル大辞泉「詰り」の解説

つまり【詰(ま)り】

[名]
物が詰まること。また、詰まっている度合い。「排水溝詰まり」「袖丈そでたけ詰まりぐあい」
いろいろと経過して行きつく最後のところ。事の結末。果て。終わり。「とど詰まり」「身の詰まり
「我分別で―を付ねば」〈露伴風流仏
追いつめられること。困窮すること。行きづまり。
「作料を取らせねば、諸職人の―となる」〈仮・可笑記・三〉
行きづまった所。すみ。
「ここの―に追っつめてはちゃうどる」〈平家・四〉
[副]
話の落ち着くところは。要するに。結局。「今までいろいろ述べたが、詰まりそれはこういうことになる」
別のに置きかえれば。言い換えると。すなわち。「地図の上方詰まり北方は山岳地帯である」
[下接語](づまり)織り詰まりかね詰まり気詰まりきん詰まり寸詰まり手詰まりどん詰まり鼻詰まりふん詰まり目詰まり行き詰まり
[類語](1要するに結局所詮即ち結句つい畢竟ひっきょうとどの詰まり詰まるところ帰するところせんずるところどの道いずれどうせ矢張りいずれにしても挙げ句挙げ句の果ていよいよとうとう・言い換えれば・裏を返せば裏を返す早い話が矢張り差し詰め究竟きゅうきょう果ては何と言ってもどっち道もはやとにかく何しろ何せ何分なにぶん何分にもなんにせよともかくともかくもともあれとまれとにもかくにもそれはともあれ遅かれ早かれ善かれ悪しかれ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android