詰り(読み)ツマリ

デジタル大辞泉「詰り」の解説

つまり【詰(ま)り】

[名]
物が詰まること。また、詰まっている度合い。「排水溝詰まり」「袖丈(そでたけ)の詰まりぐあい」
いろいろと経過して行きつく最後のところ。事の結末。果て。終わり。「とど詰まり」「身の詰まり
「我分別で―を付ねば」〈露伴風流仏
追いつめられること。困窮すること。行きづまり。
「作料を取らせねば、諸職人の―となる」〈仮・可笑記・三〉
行きづまった所。すみ。
「ここの―に追っつめてはちゃうど斬(き)る」〈平家・四〉
[副]
話の落ち着くところは。要するに。結局。「今までいろいろ述べたが、詰まりそれはこういうことになる」
別のに置きかえれば。言い換えると。すなわち。「地図の上方詰まり北方は山岳地帯である」
[下接語](づまり)織り詰まり金(かね)詰まり気詰まり金(きん)詰まり寸詰まり手詰まりどん詰まり鼻詰まり糞(ふん)詰まり目詰まり行き詰まり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android