即ち(読み)スナワチ

デジタル大辞泉「即ち」の解説

すなわち〔すなはち〕【即ち/則ち/×乃ち】

[接]
前に述べた事を別の言葉で説明しなおすときに用いる。言いかえれば。つまり。「日本の首都―東京」
前に述べた事と次に述べる事とが、まったく同じであることを表す。とりもなおさず。まさしく。「生きることは―戦いである」
(「…ば」の形を受けて)前件の事実によって、後件の事実が自然に成り立つことを表す。その時は。そうすれば。「戦えば―勝つ」「信じれば―救われる」
[名]
(連体修飾語に続けて)その時。
「綱絶ゆる―に八島かなへの上に、のけざまに落ち給へり」〈竹取
むかし。あのころ。当時。
若宮は、―より寝殿に通る渡殿におはしまさせて」〈栄花・楚王の夢〉
[副]
すぐに。たちまち。
「立てめたる所の戸、―ただ開きに開きぬ」〈竹取
もう。すでに。
「頗る出精せしが、今は、―し」〈蘭学事始
[補説]この語の語源は、いわゆる「時を表す名詞」の一種であり、平安時代以後、「即・則・乃・便」などの字の訓読から接続詞として用いられるようにもなったと考えられ、現在ではその用法に限られるといってよい。
[類語](1つまり・言い換えれば・要するに裏を返せば裏を返す早い話がひいてそれからそしてそうして次いでして次についてはひいてはそれ故だから従ってよって故にですからその上それにてて加えてあまつさえ更にかつまたなおかつおまけに加うるにのみならずしかのみならずそればかりかこの上それどころか/(2取りも直さずまさしくほかでもないそく/(3必ずきっと絶対是非何としてもどうしても何が何でも是が非でも押してたってどうぞどうかくれぐれも願わくはなにとぞなんとかぜひともまげてひとつ必ずや必然必定必至不可避誓っててっきり違いないはず決まって否が応でも否でも応でも

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android