コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補忘記 ぶもうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

補忘記
ぶもうき

観応 (かんのう) 著。貞享4 (1687) 年版 (上下2巻) と再訂本である元禄8 (95) 年版 (天地人3巻) がある。新義真言宗論義からその難読語を中心に語句を抜き出し,漢語・和語をそれぞれ語頭のイロハ順に並べ,声点節博士 (ふしはかせ。→博士 ) ,読み方を添えたもの。清濁などの音韻資料となるが,特に節博士の\ (徴〈チ〉。より高い音) と- (角〈カク〉。より低い音) による表記はアクセント資料として重視されている。ただし,そこに示されているアクセントが何時代のどこの方言であるかについては説が分れている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶもうき【補忘記】

真言声明の書。観応著。二巻。1687年刊。再訂本(三巻)、95年刊。新義真言宗の論義の法会の際に用いる語句をイロハ順に挙げ、その唱え方を示したもの。室町時代のアクセントを反映。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

補忘記の関連キーワード真言声明室町時代半濁音法会

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android