コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補忘記 ぶもうき

2件 の用語解説(補忘記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

補忘記
ぶもうき

観応 (かんのう) 著。貞享4 (1687) 年版 (上下2巻) と再訂本である元禄8 (95) 年版 (天地人3巻) がある。新義真言宗の論義からその難読語を中心に語句を抜き出し,漢語・和語をそれぞれ語頭のイロハ順に並べ,声点節博士 (ふしはかせ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぶもうき【補忘記】

真言声明の書。観応著。二巻。1687年刊。再訂本(三巻)、95年刊。新義真言宗の論義の法会の際に用いる語句をイロハ順に挙げ、その唱え方を示したもの。室町時代のアクセントを反映。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

補忘記の関連キーワード観応肝脳貫納和字大観抄看看兮憲子内親王三戸師親心能満良親王山内首藤通広

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone