補酵素Q(読み)ほこうそキュー(英語表記)coenzyme Q

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

補酵素Q
ほこうそキュー
coenzyme Q

CoQ と略記電子伝達系の一成分で,チトクロムbの上手に位置する。コハク酸脂肪酸 CoA ,グリセロールリン酸などからくる水素は CoQ の位置で,電子伝達主鎖に流入する。 CoQ 本体は,ベンゾキノンに,-(CH2-CH=C・CH3-CH2-)nH   (n=6~10) という長い側鎖を含む各種の基が置換した化合物であり,脂溶性。初め肝臓から分離され,どこにも遍在する ubiquitousキノン quinoneという意味でユビキノンと命名され,やがて酸化還元の補酵素としての役割が注目されて,キノンにちなんで CoQ と書かれるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

補酵素Q

 C59H90O4 (coenzyme Q10)(mw863.37).

 ユビキノンともいう.呼吸鎖の必須成分で,脂溶性の電子伝達の補酵素.チロシンを材料に体内で合成される.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android