コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褄模様 ツマモヨウ

3件 の用語解説(褄模様の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つま‐もよう〔‐モヤウ〕【×褄模様】

女性の着物の褄につけた模様。また、その模様をつけた着物。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つまもよう【褄模様】

和服の褄に置かれた模様。また、それをつけた着物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

褄模様
つまもよう

着物の模様付けの一種。江戸時代も後半期に入ると、女子の服飾のなかで帯の占める役割がしだいに大きくなり、幅広い帯を大きく背後で結ぶことが一般化した。この結果、着物の模様の位置がしだいに裾(すそ)に下がり、ついには褄から裾にかけてだけ模様を描き、あとは無地のまま残す意匠が一つの定型となった。これを褄模様、あるいは江戸褄模様という。なお、褄模様のうち、衿(えり)から肩にかけて高い位置に模様を置いたものを、とくに島原褄とよんでいる。
 褄模様は1754年(宝暦4)版の『雛形千歳草(ひながたちとせぐさ)』にすでに見受けられるが、これが大流行したのは明和(めいわ)~天明(てんめい)年間(1764~1789)で、1769年(明和6)には『褄模様吾妻(あづま)雛形』上中下3冊が出版され、さらに1785年(天明5)版の『当地都雛形』では、上中下の95図中、実にこの模様を82図も載せていることによっても、当代の流行ぶりがうかがい知られる。村元雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

褄模様の関連キーワード裏模様五寸模様逆さ着物三寸模様総模様書模様孔雀染腰模様詰袖

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone